ホーム

<最近の投稿>

特別養護老人ホームの支援活動

7月26日は、岡山県内の山奥にある特別養護老人ホームでボランティア活動。現場は、川が氾濫し1階が水没。利用者の98%が要介護2以上という状況で、その場にいたスタッフが必死で2階へ運び上げ、全員無事救助されたという「キセキのホーム」。30名以上のボランティアが浸水で汚れた家財や道具を、炎天下の中で清掃しました。クラッシュのスタッフが現場のリーダーを務めました。韓国オンヌリ教会&日本人混成チームは岡山真備町での作業でした。

(もっとたくさんの写真と活動のレポートはフェースブックに載せています。)

呉の音戸地区の土砂災害

呉ボランティアセンターが呉/音戸地区の視察に行ってきました。今回の土砂災害の凄まじさが伝わる場所です。ここはボランティアの力だけではどうすることもできない地域の一つですね。

主の助けが注がれますようお祈りください。

Kurashiki submerged

西日本豪雨被害のためにお祈りください

九州北部、中国、四国、近畿、東海の広範囲にわたって集中豪雨による甚大な被害が出ています。
被災された皆さまに神さまの励ましと慰めがありますようお祈り申し上げます。
被災地の方々に安全と安心、慰めが届けられますようお祈りください。
クラッシュジャパンでは情報を集め、その他のキリスト教支援団体とともに支援活動に向けて動いていきます。
神さまの知恵と導きが与えられますようお祈りください。

クラッシュジャパンの支援のために寄付をお願い申し上げます。寄付方法につていの詳細情報はこちらのページをご覧ください。

産経ニュースの記事

日本経済新聞の記事

<フェイスブックより…>

1月7日(月)クラッシュジャパンの岩上が岡山キリスト災害支援室の新しい支援センター「まびくら」を訪問しました。

先月、開所されて、新年から本格的に支援センターとして活動が始まりました。新しい年の活動計画の会議に陪席させてもらいました。

これから倉敷市真備町を中心に心のケア支援や仮設支援などを行っていきます。早速、被災者の方がやってこられ、スタッフが傾聴をしていました。翌日からその方のお宅にお手伝いに行くことになりました。そのご家族は心も疲れ切っておられて、教会にもぜひ行きたいと仰っていました。

主が働いておられます。どうぞお祈りください。
... See MoreSee Less

1 week ago  ·  

View on Facebook

The second meeting was held on making a disaster activity package for local church networkings. Please pray for this project.

災害時に地域教会が支援活動を祈り進めていく際に参考になることを願っての初動パッケージミーティングが開かれました。国際飢餓、OBJ、クラッシュジャパンの三者協議に、今回はTEFから石川先生が出席くださいました。
これから分担してトピック毎に文章化と図式化をしていく予定です。お祈りください。
... See MoreSee Less

1 month ago  ·  

View on Facebook

クラッシュジャパンではスタッフを派遣して、九州キリスト災害支援センター・益城ベースで行われている「聴くっ茶」に協力しています。
11月23日にも勉強会が持たれました。2018.11.24
聴くっ茶STEP⑦☕️👂
〜STEP①-⑥総復習〜
@熊本ハーベストチャーチ

遂にこれまで学んだ6回の傾聴についての総復習を皆さんで行いました!
初めて参加された方が3名おられて、スタッフ含めて20名でみんなで楽しい雰囲気を作りながら、今年最後の学びと時となりました😊

傾聴について学び続けて6ヶ月
初めて聞く言葉や、それは人と関わる中で当たり前と思う事、その時に私たちの内にある感情についても改めて立ち止まって考えてみたり。

話の中で
「きくことは耳と心でききます」
ある福島の幼稚園の年長さんの子どもが言った言葉に心が響きました。

そんな純粋な心で聴くことが出来る存在に誰もがなりたいと願います。

笑顔、声掛け、態度、の様なジョイニング(つながりを築く方法)を通して相手の事を知るきっかけを作り、お互いに共感しようとする姿勢をもったとしても私たちにはそれぞれの家庭環境の中で生まれて築き上げた私というアイデンティティがあります。
それによって形成された自分が家庭、学校、職場での人たちの関わりで境界線が生まれてきます。その中でお互いに影響し合う関係にもなっていきます。

今回の学びの中で、シンプルな質問がありました。
なぜ境界線が必要なのか?
不適切に境界線をもってしまうことで起こる問題は何か。
現代の色んな社会的な問題にもなっています。

相手のことをどのように見るかの前に
私たちが何者か、それを正しい目で見ることができれば相手にも正しく見るものに変えられていくのではないかと感じました。

岩上先生ご夫妻が毎月犠牲的に被災地を覚えて関わって励まし続けてくださっていることは本当に感謝です。

でも私たちが今学んでいる聴くことの素晴らしさを伝えていける存在になっていけるように心から願います。

次回の聴くっ茶は
2019年1月12日(土)になります🤗
チラシができましたら、ご案内致します!
... See MoreSee Less

2 months ago  ·  

View on Facebook