ホーム

<最近の投稿>

日田ベースへの派遣

クラッシュジャパンでは2名のボランティアを九州キリスト災害支援センター・日田ベースに派遣しました。一人は九キ災のボランティアチームと一緒に朝倉市杷木町で泥だしや瓦礫の片づけ作業を行いました。

本日も34度の猛暑日で、ボランティアの方々は熱中症にならないよう気をつけながら被災者の方々と一緒に片づけを行ないました。

もう一名は災害対応チャプレンとして奉仕をし、避難所となっている杷木中学校に行って、被災者の方々への傾聴を行ないました。一人の女性の方から、濁流が自宅に押し寄せて、流れ込んできた時の恐怖を話してくださいました。このような心のケア、傾聴の必要も現地では多くあります。

クラッシュジャパンでは、今後もチャプレンや訓練を受けたボランティアを日田ベース派遣していきます。皆さまのお祈りと献金によるご協力をお願い申し上げます。

熊本地震から一年

熊本地震から一年が過ぎた今日、クラッシュジャパンでは被災地のための祈りの時を持ち、今後の活動計画のためのスタッフミーティングを行いました。
クラッシュジャパンではこれからもボランティア・チャプレンの派遣、そして被災された方々のみならず、現地での支援に従事される方々の心のケアの活動など、さまざまな支援活動を続けてまいります。どうぞお祈り、ご支援ください。

<フェイスブックより…>

2月20日は下記写真の目黒カベナンント教会で「目黒教会防災ネットワーク」の定例会にクラッシュスタッフがアドバイザーとして参加。9月3日に予定されているネットワーク主催の防災イベントの内容について話し合いました。AED訓練会とワークショップの方向で動いています。そして、夜は「西東京教会防災ネットワーク」の定例会に参加。先日、クラッシュスタッフが西東京市社会福祉協議会に挨拶に行ったお陰で、顔つなぎができて、社協の防災イベントに教会ネットワークの参加、協力を求めて来ています。コミュニティとの関係も少しづつできてきています。 ... See MoreSee Less

22 hours ago  ·  

View on Facebook

Active Listening Seminar in Sendai on Feb. 17.

2月17日(土)クラッシュジャパンの心のケア部門のスタッフ2名が仙台を訪問して傾聴カフェを開催しました。

会場はフェローシップ・ディーコンリー福音教団の開拓教会(仙台伝道所)です。3月に正式に開拓教会として出発するそうです。傾聴について、互いの心のケアについて学び、とても有意義なひと時でした。

クラッシュジャパンはこのような心のケア研修を草の根で広げていく活動を行っています。研修を通して地域教会やネットワークが強められることを祈っています。

引き続きお祈りとご支援をお願い申し上げます。
... See MoreSee Less

4 days ago  ·  

View on Facebook

日本基督教団発行の「信徒の友」に「教会防災ネットワークの構築を」と題しクラッシュジャパンの防災担当、栗原が記事を書かせていただきました。「教会」と「防災」に関してのベーシックなことが書かれていますので、是非、各教会で一度、目を通していただけると幸いです。 ... See MoreSee Less

6 days ago  ·  

View on Facebook