Home

Latest Posts

Helping a nursing home

CRASH volunteer staff pastors have been working in both Hiroshima and Okayama Prefectures providing leadership and administration. Here is one example. On July 26th, a team of over 30 Japanese and Korean volunteers, led by a CRASH pastor, went into the heart of the mountains in Okayama Prefecture to help a special care nursing home. 98% of the residents need at least Level 2 nursing care, so it was a miracle that the staff on duty were able to quickly carry everyone to the second floor before the first floor was submerged. The volunteer team worked in the blazing sun to clean mud from the furniture and equipment. (Click on any photo to view it full size.)

More photos of this and many other activities can be found on CRASH’s Facebook page.

Kurashiki submerged

Pray for Western Japan after floods

There is widespread damage after torrential rains hit a huge swath of Western Japan for several days. Please pray for rescue for those still stranded, shelter for the hundreds of thousands who are displaced or evacuated, comfort for the families of over 90 who have died and over 50 who are still missing, and safety for the first responders. Also pray for the Lord’s wisdom for CRASH and other disaster relief organizations who are assessing the most strategic ways we can help.

Also, please visit the Financial Support page and consider donating to help with our relief efforts.

Recent article from JapanToday

Recent article from SkyNews

Trip to Hita Base (Northern Kyushu)

CRASH Japan sent 2 volunteers to Kyushu DRC Hita base. Today they went to Asakura city, one of the most devastated areas in Fukuoka, due to the heavy rain 3 weeks ago. They helped clean up a house of a gentleman & his daughter. Their house had been totally covered in mud. One CRASH volunteer served as a chaplain. She visited a shelter nearby and listened to several survivors’ stories listening to their traumatic stories. An old lady told of when the flood came in her home she was so afraid and just trembling in a blanket. CRASH Japan continues to send psychological and spiritual caregivers to the survivors. Please help CRASH Japan with your prayers and financial support.

From Facebook…

2月18日(金)半年ぶりに秋田を再訪した。  2019年以来の実際の再会が叶ったという秋田伝道協力会にまず出席。会場は、昨年夏の豪雨被害後に修繕がなされた秋田中央キリスト教会の会堂で、5名の牧師方が集まった。 このネットワークは、秋田市とその近隣の市にある20弱の教会の繋がりで、昨年夏秋田中央キリスト教会会堂と牧師館が被災した際には、猛暑の中、さまざまな牧師、信徒方が作業に駆けつけていたことを思い出す。 出席された牧師方に私は、「能登ヘルプ」ができた経緯と現在の動きを紹介し、その後質疑応答の時を持った。まるで秋田伝道協力会の再発足式に立ち合ったような感じがした。 その後、牧師館を牧師方と訪問、見学した。見違えるようになった一階を見てうれしく思った。 18日(日)には、秋田中央キリスト教会にて礼拝。神の計画と愛に改めて一同で感謝しながら礼拝する恵みにあずかれて感謝だった。永井敏夫 ... See MoreSee Less
View on Facebook
1月28日(日)、念願の浜松ホーリネス教会を訪問し礼拝する機会を得ました。礼拝後の報告の時間に日頃の支援に感謝して、クラッシュジャパンから感謝状をお渡ししました。 この教会は、毎月の第二主日にクラッシュジャパン宛てに献金をささげてくださっています。(今月のみ第四主日である1月28日に) 今回は、能登半島地震の被災者方を覚えての献金も受付にて募っておられました。 継続した祈りと献げものが互いに深く繋がっていることを改めて気づかされた一日でした。 (記:永井敏夫) ... See MoreSee Less
View on Facebook
【首都圏教会防災ネットワークー報告】  杉並・中野・練馬キリスト者防災ネットワーク(通称SNNネットワーク)のミーティングに出席した。ミーティングの場所は持ち回りで、今回はイムマヌエル富士見台キリスト教会。 ミーティングでは、設立趣意書を確認し、出席者たちそれぞれで、地域教会にネットワーク作りへの協力を呼びかけていくことになった。 SNNネットワークでは、4月半ばに、防災ネットワークについて講演やパネルセッションをと計画しつつある。 また能登半島地震被災者の方々、支援活動の紹介もなされ、祈った。(1月19日)永井敏夫【支援のお願い】献金で支援活動を支えて下さる場合。 ※能登地震の支援の場合は「能登指定」とご記入下さい。 「能登ヘルプ」を通じて、被災者支援、心のケア支援を計画しています。ゆうちょ■郵振替 00110ー3-290907  ■ゆうちょ銀行【記号】10070 【番号】52873831●他金融機関からの振込【店名】〇〇八(ゼロゼロハチ)【普通】 口座番号 5287383 ... See MoreSee Less
View on Facebook