Home

Latest Posts

Floods in Northern Kyushu

Please pray for northern Kyushu (Saga and Fukuoka prefectures), as torrential rains have caused widespread flooding. At one point, many areas were under a Level 5 (the maximum) warning for landslides, and 870,000 people were issued evacuation instructions. That level was lifted, but it might be issued again. As of this writing, three fatalities have been reported, but of course it’s too early to know the status of many areas, so there are probably many more.

Also, the rain is expected to continue and expand northeast, so additional flood warnings are also in effect for eight prefectures of southern and central Honshu.

As of this writing, here are three recent news pages in English:

Of course the situation is likely to change rapidly.

The Kyushu Christ Disaster Relief Center (九キ災, “Kyukisai”) is preparing to mobilize in response.

Juntendo Hospital where 184 people are stranded, surrounded by oil-slicked floodwater from nearby iron works.
Japan Self-Defense Force soldiers begin rescue operations.
Oil spills from flooded tanks at an iron works on August 28, 2019 in Omachi, Saga, Japan.

Two Disasters in 48 Hours

While relief efforts continue in Okayama and other places after the floods in July, this week in early September two other areas of Japan felt the pain.

Within 48 hours of each other, the strongest typhoon in 25 years ripped through the second-largest metropolitan area of Japan, and an earthquake in Japan’s northern-most region triggered landslides and left millions without power…
Continue reading

Helping a nursing home

CRASH volunteer staff pastors have been working in both Hiroshima and Okayama Prefectures providing leadership and administration. Here is one example. On July 26th, a team of over 30 Japanese and Korean volunteers, led by a CRASH pastor, went into the heart of the mountains in Okayama Prefecture to help a special care nursing home. 98% of the residents need at least Level 2 nursing care, so it was a miracle that the staff on duty were able to quickly carry everyone to the second floor before the first floor was submerged. The volunteer team worked in the blazing sun to clean mud from the furniture and equipment. (Click on any photo to view it full size.)

More photos of this and many other activities can be found on CRASH’s Facebook page.

From Facebook…

先月4月29日73歳の地上でのレースを走り抜き、天の御国に凱旋した小坂忠師。小坂師は2011年の東日本大震災以降、音楽の賜物を用いて、被災地の人々に聖書の希望のメッセージを届け続けて来られました。震災当初クラッシュでスタッフとして奉仕して下さった方が、2013年に被災地で収録したインタビュー動画をご案内します。ぜひご覧ください。youtu.be/vYkGO4kq1K4 ... See MoreSee Less

2 weeks ago  ·  

View on Facebook
【訃 報】小坂忠師が今日29日午前に召天された。 忠さん(今日は忠さんと呼びたいです)は、東日本大震災後、東北の様々な地域でコンサートをされたと伺っている。クラッシュジャパン関連では仙台にベースがあった頃、市内の喫茶店(シャンテ・教会としても使用)で、コンサートの企画をお手伝いする機会があった。また宮城県の諸教会の主催でなされた「愛と希望のコンサート」でも賛美とユーモアのあるトークで聴衆を励ましておられた。 大震災後、クリスチャンアーティストたちが続々と東北の地に出かけて行ったのも、忠さんが率先して動いておられたことが大きかったと思う。熊本地震後も、九州キリスト災害支援センターの企画で熊本市内のナザレン教会にお嬢さんのエイジアさんとおいでになり、体調がすぐれない中、賛美をしておられた。(その直後に入院治療)忠さんは自ら作られた「勝利者」の歌詞のように、前を向いてしっかりと生きられたゴスペルシンガーであり、牧師であられた。 残されたご遺族の上に、神様の豊かな慰めと支えがありますようにお祈りいたします。  代表理事 永井敏夫役員、スタッフ一同以下、忠さんの奥様(でクラッシュジャパンで3.11以来法人の役員をして下さっている)叡華さんからのコメントを転写。お知らせ   4月29日 10時43分 牧師そしてシンガーソングライターの小坂忠は、5年前に発症した S字結腸癌から転移した全身癌による肝不全との闘いを終えて天に凱旋しました。 デビューから55年の幸せな音楽人生でした。セキュラーミュージックとクリスチャンミュージックの両方で多くの人々に愛され愛唱された事は身に余る光栄でした。 これまでのご厚情を心より感謝いたします。 「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。~中略~ しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。」新約聖書ヘブル人の手紙より トラミュージック 小坂 高 叡華 ... See MoreSee Less

4 weeks ago  ·  

View on Facebook