ホーム

<最近の投稿>

ネパールの方々を覚えて祈りましょう!

ネパールの方々を覚えて祈りましょう!
【ニューデリー時事通信】米地質調査所(USGS)によると、ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生した。AFP通信によれば、警察当局者はこれまでに死者が876人に達したと述べた。ネパール政府は非常事態宣言を出し、各国に支援を要請した。世界最高峰エベレスト(8848メートル)では雪崩が発生。近隣国のインドや中国も含め、倒壊した建物の下敷きになるなどして多数の負傷者が出ている。

チャプレンズカフェを開催しています

次回は2015年11月6日(金)15:30-17:30
御茶ノ水クリスチャンセンターにて開催されます。

 

第10回チャプレンズ・カフェのご案内 (終了しました)
ー災害対応チャプレン、心のケア・ワーカー、寄り添う支援者の居場所ー
日時:4月23日(木)15:30-17:30
会場:御茶ノ水クリスチャンセンター416会議室
ファシリテーター:吉川直美(聖契神学校教師)
テーマ:「回復を助ける泉(リソース)探し」

Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真

クラッシュジャパンからのお知らせ

2015年4月より新しい体制になり、新たな一歩を踏み出しましたことをご報告致します。

ジョナサン・ウィルソンは1月末に代表職から退き、2ヶ月間の移行期間の後、4月からこれまでリエゾン担当であった永井敏夫がチームリーダー(代表)に就任致しました。また今までクラッシュジャパンの下にありましたオペレーションセイフは独自の活動をスタートしています。今後ともオペレーションセイフとの協力関係を維持していく所存です。

2015年度のクラッシュジャパンは、1)チャプレンシープログラム関連、2)防災ネットワーク関連の働きを中心に活動を継続致します。これらの働きが日本の諸教会に広く紹介され、諸教会のつながりが更に生きた関係になっていくことを心から願っています。3)また東日本大震災で被災された方々に寄り添う活動をしている東北諸県の教会ネットワーク、及びそれらの協力のもとにある東日本宣教ネットワークが、首都圏の防災ネットワークと良いつながりがなされていくことを願っています。4)更に次期災害発生に備えるために、日本福音同盟(JEA)、日本福音宣教師団(JEMA)をはじめとする諸団体と協力しながら、特にボランティア派遣でスムーズな初期対応ができるように現在の諸データの管理とシステムを構築していきたいと願っております。

これらのことがなされていくために、ボランティアスタッフが一つのチームとなり、互いに協力しながら歩み始めております。神様の小さな公器として、これからも諸教会の皆様と共に、災害による苦難の中ある方々の助けとなり、寄り添うことができるようにと願っております。これからも私どもの働きを覚え、皆さまのお祈り、そしてご支援とご協力を心からお願い申し上げます。
一般社団法人 クラッシュジャパン
チームリーダー 永井敏夫
ボランティアスタッフチーム一同

『あの時は今:70年前そして4年前』

『あの時は今:70年前そして4年前』
1945年3月10日。東京大空襲で10万人の方々が亡くなり、数え切れないほどの方々が被害を受けました。あれから今年で70年が経ちます。今日都内で記念の集いがあります。2011年3月11日。東日本大震災が発生し、約2万人の方々が亡くなり、行方不明となりました。明日で4年目のあの日を迎えます。仮設住宅在住の方々を含め、約23万人の方々があの日にいた場所に戻ることが叶いません。
人間は、ある時は意識的に、ある時は無意識のうちに過去を過去形という入れ物に留めようとします。こうすることで今を生きることができるのも確かでしょう。この様にして、大空襲、大震災もやがて「風化」していくことは避けられません。しかし、今を生きる私たちに忘れてはならないことがあります。あの時を今という「現在進行形」で生きている方々がいることを。大震災の被災地各地で、日本でアジアで世界で、今日祈りの手があがっています。クラッシュジャパンでは、あの日を今日という進行形で生きている方々を心に覚え祈ります。リエゾン永井敏夫

Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真
Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真
Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真

<フェイスブックより…>

#熊本地震 で甚大な被害を受けた #益城町 に、今年も満開の桜が咲きました!この美しい写真を送ってくださったのは、当時5時間生き埋めになり奇跡的に救出された保育士の豊世美文さんです。当時美文さんの教会兼自宅は全壊。真っ暗闇のなかで、崩落した壁とドアに押しつぶされそうになりながら、救助隊の呼びかけに必死にノックで応え続けました。絶望的ともいえる状況で美文さんの心を支えたのは、クリスチャン一家で育った彼女が覚えていた聖書の一節。「たとい死の影の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」(詩編23篇4節)そのみ言葉に励まされ、美文さんは死をも覚悟するような状況でもパニックになることなく、救助隊の合図に応えるなど冷静に行動することができました。苦難のときにこそ、神様が共におられることを信じることができるのは、どれほど大きな力を私たちに与えてくれることでしょうか。今回インタビューに快く応じてくださり、ご自身の体験を共有してくださった美文さんに、心から感謝致します。美文さんの希望のストーリーは、こちらからご覧ください。▶ bit.ly/3wQJIhv ... See MoreSee Less

1 month ago  ·  

View on Facebook