ホーム

<最近の投稿>

第13回チャプレンズ・カフェのお知らせ

スキャン

第13回チャプレンズ・カフェのお知らせ
日時 2015年11月6日(金)午後15:30-17:30
場所 御茶ノ水OCC 901号室
講師 ジョン・ヒューレット先生(川ミニストリー)
今回は、ヒューレット先生が「関係に基づく復元力」というタイトルでカフェを導いてくださいます。お時間の許される方は、ぜひ、お出かけください。お待ちしております。
チャプレンズカフェは「災害対応チャプレン、心のケアワーカー、寄り添う支援者のための居場所」です。

常総市水害の支援活動ボランティア募集

クラッシュ・ジャパンは国内の諸災害時にボランティアを募り、助けが必要な方々にボランティアを派遣し、災害地域の教会、諸団体と協力して活動しています。現在、クラッシュ・ジャパンでは活動の縮小に伴い、被災者の心のケアに特化した支援活動を行っています。9月の台風18号で被災された方々への支援として、泥だしや清掃などのボランティアは社会福祉協議会での情報提供をウェブ上で行ってきました。
今回、不思議な主の導きにより、「グレイス・シティー・リリーフ」というクリスチャン支援団体とつながることができました。グレイス・シティー・リリーフは泥出しや家屋の片付けなどの活動にボランティアを募集し、派遣しています。クラッシュ・ジャパンではグレイス・シティー・リリーフと協力関係を持ち、情報共有をすることになりました。泥出しや家屋の片付けなどのボランティア活動に重荷がある方は、以下の情報をご参考にしてください。

常総市水害支援活動ボランティア募集

10月17日 常総市にてモバイルカフェ支援(あすなろの里)

asunaro1 asunaro3

本日10月17日(土)11:00am-16:00pm クラッシュ・ジャパンはボランティアチームを常総市に派遣しました。

本日は、水海道あすなろの里でモバイルカフェを行いました。またひたちなか市の勝田聖書教会の吉永輝次先生のチームも足湯とハンドマッサージを提供してくださいました。
あすなろの里は現在、200名の方々が避難生活を送っておられます。(半数の方々は、日中、ご自宅に帰って後片付けに追われているそうです。)私たちは、避難所におられる方々に、クレープ、ホット・コーヒー、紅茶、日本茶などを提供し、ハンドマッサージや傾聴もさせていただきました。

家や財産を流されてしまって、困難の中にいる方々の声を聴き、温かい飲み物やスイーツで励ましを届けることができました。またたくさんの方々が愛を込めて焼き菓子を持ってきてくださいましたので、それも被災者の方々に届けることができました。

まだまだ支援が届いていない地域、とても大きな困難に直面しておられる被災者の方々がいらっしゃいます。クラッシュ・ジャパンはそのような人たちのところに行って、キリストの愛を目に見える形で届けることができるようにと祈りながら、これからも支援活動(心のケアを中心に)を続けてまいります。

どうぞクラッシュ・ジャパンの働きのために祈りください。

焼き菓子のご支援

焼き菓子支援

10月17日土曜日、再び常総市の避難所にてモバイルカフェでの支援活動を行います。
今回もたくさんの方々から焼き菓子のご支援をいただきました。
皆様のお気持ちと共に行ってまいります!
不自由な生活を送っていらっしゃる被災者の方々に、ひとときの安らぎを届けることができますようにお祈りください。

<フェイスブックより…>

災害対応チャプレン養成コースに参加された皆様へ(日本語文章は下にあります)Dear Friends with a heart for Chaplaincy,It has been a long time since we studied Chaplaincy together. I took a short break from Chaplaincy work in 2017 for family concerns. Since 2020 I have been back at CRASH Japan, and working to find the training and support that we all need in order to continue to respond to disasters. If you are still interested in Disaster Response and Chaplaincy training, please read the rest of this email. It is an introduction to one of the prerequisite courses for Chaplaincy studies, available in Japan in Japanese for the first time. Please consider it. If you are interested in talking more about training needs and opportunities please reach out to me. I am looking for a few people to consult with about the current need.If you have moved on, I thank you for your work, and hope that you are well and finding blessings in your life and current ministry. With much love,Helen災害に対応するためには、危機にある人々をケアする必要があります。危機管理の関わりは、牧会カウンセリングや一般のカウンセリングとは異なります。そのため、 危機的状況にある人々に寄り添うことができるようになるためのトレーニングプログラムが必要となるのです。米国のICISF(International Critical Incident Stress Foundation)が提供する国際標準化された下記のコースは、世界共通のガイドラインを備えたトレーニングプログラムとなっており、日本ではクリスチャンだけでなく、一般の社会の職種(消防士・自衛官・看護士・警官など)にも通用する内容となっています。ICISFは基礎コースとして「Assisting Individuals in Crisis(危機における個人の支援)」と「GROUP Crisis Intervention(グループ危機管理)」の2つの講座を提供しています。アメリカではこの2つのコース終了後に、上級講座として「Emotional and Spiritual Care in Disasters;災害の心のケアについて」が用意されています。 DRCnet(災害救援キリスト者連絡会)は、この上級講座をCRASH Japanや救世軍と協力して数年にわたり研修会を提供してきました。その際にコースを受講された方々は、是非この機会に基礎コースに参加していただきたいと思っています。今回日本で初めてICISF の基礎講座を開講するNPO法人PSV Japan(http://psv-japan.org)は、すでに航空業界などの職場や災害現場で危機的状況にある人々を支援するためのトレーニングやサポートを実施してきました。講師は、ICISF公認のインストラクターが日本語のテキストを用いて行います。コースの内容・申込み方法については以下の通りです。ご案内が開催間近となり、スケジュール等の調整が難しいかと思いますが、ご検討のほど、よろしくお願いいたします。クラッシュ・ジャパン 心のケアコーディネーター 郭ヘレン(日本語代筆:アシスタント 原田華子) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【コースの内容について】個人の危機介入とピアサポート(危機にある個人の支援する) 危機介入は心理療法ではなく、むしろ専門的な訓練を必要とする急性緊急メンタルヘルス介入であり、外科手術に対する身体的応急処置のように、危機介入は心理療法なのです。このため、危機介入は「感情の応急処置」と呼ばれることもあります。危機介入は通常、個別(1対1)またはグループで行われています。このプログラムでは、個別介入の基礎と具体的な手順を参加者に教えることを目的としています。このクラスの対象者は、メンタルヘルスに関する正式な訓練を受けていない救急隊員、軍人、企業・牧会者・教育者・産業界のピアサポート担当者、および個別(1対1)の危機介入技術に関する知識を深めたいメンタルヘルス専門家も含まれます。プログラムの総時間(13時間) 心理的危機と心理的危機への介入 抵抗力、回復力、回復の連続性 惨事ストレスマネジメント 根拠に基づく実践 基本的な危機管理コミュニケーション技法 一般的な心理的・行動的危機反応 推定および経験的に導き出されたメカニズムSAFER-改定モデル 自殺への介入▼ コースの申し込みについての詳細はこちら ▼惨事ストレスマネ-ジメントAssisting Individuals in Crisisセミナーのご案内 | ストレスマネジメントプログラムpsv-japan.org/archives/554開催日時:2023年2月11日(土)10 :00〜17:00 / 2月18日(土)10:00〜15:00 2日間※ ZOOMオンラインを使用したプログラム  今回だけ特別価格17,000円 ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日の出来事  今日は今月2日からの巡回訪問で発見された独居高齢者宅の現場確認に行ってきました!先日訪問した際に体調不良を訴えたことで緊急搬送、そのまま入院となりました。昨日から地域連携室、ケアマネジャーとも連携し本人の意向を確認。床下などを確認して欲しいということで早速現場へ急行しました!居室内には乾いた泥が蓄積されており生活するには健康被害が懸念されます。床下断熱材の有無、床下の乾燥状況、壁のカビ等の確認。本人の退院後、安心して生活できるようにチームで支援したいと思います! ... See MoreSee Less
View on Facebook