Home

Latest Posts

LAST WEEK OF VOLUNTEERING IN IZU OSHIMA

LAST WEEK OF VOLUNTEERING IN IZU OSHIMA

1441590_523432197753733_1923827068_n
Thank you for everyone’s prayer for Izuoshima!Team No.1 Nov 18th to 21st Returned safely!
Team No.2 Nov 25th to 28th Heading to Izuoshima now!
Team No.3 was scheduled in the first week of Dec but canceled.
 (The volunteer centre is closing)Please keep praying for Team No.2 and the people still cannot go back to their homes in Izuoshima.
Please pray for us to find the opportunity to spread the gospel in Izuoshima as much as we can.

PHILIPPINE CHILDREN’S MINISTRIES NETWORK

Philippine Children’s Ministries Network shared Fe Adul Foronda’s photo.

November 15

This afternoon about 20 people came to establish the Philippine Evangelical Disaster Network, we had a workshop to identify the strength, geographical locations, and resources of each organization in the body. The guiding principle is that, we will work with the local church, we will have open communications for central databasing. Meeting was with top officers of organizations responding to Yolanda crisis, and facilitated by Bishop Efraim Tendero. Philippine Children’s Ministries Network (PCMN) is committed to vigorously work alongside the churches in Samar, responding to needs especially to families and children in extreme situation after a disaster.

via Philippine Children’s Ministries Network.

VOLUNTEERS NEEDED TO RESPOND TO TYPHOON AT IZU-OSHIMA

TYPHOON WIPHA LANDSLIDE IN IZU-OSHIMA

CRASH Japan has sent an assessment team to Izu Oshima from November 5th to 6th to collect information on the landslides damage and the situation of the survivors. We have decided to send volunteer teams from the middle of November for 3 weeks, cooperating with the local churches. Anybody who desires to volunteer please register at CRASH Japan homepage. Each crew is limited to 9 people. Damage of Typhoon Wipha: On Oct. 16th (Wed) Typhoon Wipha hit Izu Oshima and caused a massive landslide. The landslide struck the Motomochi area and killed 35 people with another 4 still missing. (Nov. 11th) Volunteer Work: To take the mud out of the house, to clean inside of the house, to disinfect the house, and to clean the garden, etc.

A Sweet Way to Encourage Tsunami Survivors

東北にシュトーレンを届けよう!

stollen

From Facebook…

#熊本地震 で甚大な被害を受けた #益城町 に、今年も満開の桜が咲きました!この美しい写真を送ってくださったのは、当時5時間生き埋めになり奇跡的に救出された保育士の豊世美文さんです。当時美文さんの教会兼自宅は全壊。真っ暗闇のなかで、崩落した壁とドアに押しつぶされそうになりながら、救助隊の呼びかけに必死にノックで応え続けました。絶望的ともいえる状況で美文さんの心を支えたのは、クリスチャン一家で育った彼女が覚えていた聖書の一節。「たとい死の影の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」(詩編23篇4節)そのみ言葉に励まされ、美文さんは死をも覚悟するような状況でもパニックになることなく、救助隊の合図に応えるなど冷静に行動することができました。苦難のときにこそ、神様が共におられることを信じることができるのは、どれほど大きな力を私たちに与えてくれることでしょうか。今回インタビューに快く応じてくださり、ご自身の体験を共有してくださった美文さんに、心から感謝致します。美文さんの希望のストーリーは、こちらからご覧ください。▶ bit.ly/3wQJIhv ... See MoreSee Less

3 days ago  ·  

View on Facebook
5年前の2016年4月14日・16日、2度の震度7の大地震が熊本を震源とし、九州地方を襲いました。  言葉では表すことのできない大きな痛みの中で九キ災が発足し、皆様の大きな助けをいただきながらその歩みを進めてきました。 この5年間で12,737名のボランティアの方々が熊本地震の支援活動のために集まってくださいました。世界中の方々が何もできない私たちを祈りで支えてくださいました。 皆様の支えと、主の大きな導きによってこの5年間、九キ災は確かに熊本に、益城町に居続けることができました。今では、住民の皆様と深いつながりが与えられています。  被災者の皆様も災害公営住宅などの新居に引越しされ、仮設住宅もほぼ全てが解消され支援活動も一区切りを迎えました。しかし、私たちはこれからこそが大切な働きであると考えています。益城町の教会と共に「きなっせカフェ」等の働きを継続し、少しでも住民さんの孤独に寄り添えたらと思います。続いてのお祈りをお願い致します。 祈り会向けに「熊本地震から5年を迎えて」の動画を作成しています。3名の方へのインタビューをしていますが、地震当時のこと、この5年間のこと、これからのことについて話していただきました。皆様でみていただき、祈っていただければ感謝です。※冒頭地震の映像等が流れます。youtu.be/yMwliRDD_U4#熊本地震から5年#益城町#きなっせカフェ#九キ災 ... See MoreSee Less

4 days ago  ·  

View on Facebook