ホーム

<最近の投稿>

オアシスライフケア

東日本大震災から五年目に入ろうとしています。クラッシュジャパンでは、宮城県内での緊急支援活動の際に森郷キャンプ場をベースとして使用させて頂きました。国内外からのボランティアのみなさんが、宿泊し、祈り、賛美した施設です。この施設の現状が、以下のオアシスライフケアの活動レポートに記されています。続けてお祈りください。

http://oasislifecare.org/report/repo15.pdf

震災から間もなく五年です。このレポートを通して、被災地および私共の現状と今後の取り組みについてご理解いただき、引き続きのご関心・ご支援をお寄せいただけましたら幸いです。

被災地を覚え続けてくださる皆様の上に、神様からの豊かな恵みと祝福がありますように・・・。
オアシスライフケア

心のケアトレーニングセミナー

心のケアトレーニングセミナー
日時 2月8日(月)10:30am-12:30pm
場所 東久留米市・松川プレイス ハーベストホール
参加費 500円
来週2月8日(月)3回目のサバイバー(被災者)ケアのトレーニングセミナーが開催されます。心のケア・コーディネーターの郭ヘレンさんがリードしてくださいます。
時間の許される方は、ぜひ、お集まりください。

「災害対応チャプレン養成コース」

2月に行われる「災害対応チャプレン養成コース」のご案内です。詳しくは以下のチラシをご覧下さい。

まだ部分参加の枠は多くあります。会場は100名は収容できます。どなたでもご参加できます。お時間のご都合のつく方々にも部分参加を願っております。部分参加は研修費のみの支払いとなります。1回3000円、2回以上5000円です。当日参加でもいいのですが、できれば、メール(info@drcnet.jp)で参加の旨をDRCネットまでご連絡いただけると人数の把握にとても助かります。

1チャプレンシーセミナー

台風18号被害 公民館でのモバイルカフェ支援活動

joso11:24-4

11月24日(火)クラッシュ・ジャパンは、心のケアのために常総市・三坂新田地区にボランティアチームを派遣しました。
地区の中下(なかしも)公民館でモバイルカフェを開きました。

この地域は、9月の洪水で床上浸水の大きな被害の出た場所です。今でも、泥や洪水の爪痕が残っています。

地元の方々をお迎えして、午後1時から3時半まで、おしるこ、コーヒー、紅茶を提供しました。私たちの中心的な目的は、心のケアです。地域の方々が「ゆっくりお話しできました」「リラックスしました」と言ってくださり、本当に嬉しかったです。

被災から2カ月半が経過しましたが、現実は本当に大変です。これからもっと心のケアが必要であると実感しました。

クラッシュ・ジャパンの働きを覚えて、お祈りと経済的な支援を宜しくお願い申し上げます。

joso11:24-3 joso11:24-1

<フェイスブックより…>

A music concert at a temporary housing in Kumamoto. Mr. Chu Kosaka, who is a famous Christian musician, is singing for the survivors in Kumamoto. Music is a powerful tool for their healing.

本日、クラッシュジャパンは九州キリスト災害支援センターに心のケアスタッフ(臨床心理士)を派遣しています。

午前は小坂忠先生の仮設住宅コンサートが開催されています。小坂先生の賛美を通して被災者の方々の心に癒しがもたらされますように!
... See MoreSee Less

1 week ago  ·  

View on Facebook

一日温泉でゆっくりして、皆さん、仮設住宅にに帰っていかれました。お交わりの中で、震災時のお話を聴かせて頂きました。まだまだ、支援が必要です。

Spending a relaxing time at hot spring, they went back to the temporary housings.
... See MoreSee Less

1 month ago  ·  

View on Facebook

Residents at temporary housings arrived at hot spring called 'Tsukasa no Yu" in Kumamoto. つかさの湯に到着しました。 ... See MoreSee Less

1 month ago  ·  

View on Facebook