ホーム

<最近の投稿>

アジアに羽ばたく ぴぃちゃん

みなさんがペンギンが飛ばない鳥/飛べない鳥だと知っていましたか?「もちろん!」と言われるかもしれません。でもなんと「オペレーションセイフ•プログラム」のメインキャラクターであるペンギンの「ぴぃちゃん」が、今世界に羽ばたこうとしています。

災害後の子どもたちの心のケアをする「オペレーションセイフ•プログラム」は、2008年中国の四川地震の後に生まれました。その後も、ハイチ、チベットの災害後子どもたちのトラウアケアのために行われました。そして現在で東北の子どもたちに対しても行われているトラウマケアのプログラムです。そして、今、東北の各地で活躍しているこの「ぴぃちゃん」が、日本を飛び出し、アジア各地の子どもたちの心のケアの大使として、羽ばたこうとしています。

実はこの記事も、インドネシアのバリ島で行われているオペレーションセイフの指導者養成セミナーの合間に書いています。今後フィリピンのマニラや韓国のソウルでも同じセミナーを行い、「ぴぃちゃん」は大きく羽ばたいていく予定でいます。

なぜ「ぴぃちゃん」は、日本を飛び出したのでしょうか?日本では「ぴぃちゃん」が必要なくなったのでしょうか?いいえ、そうではありません。今もこれからも「ぴぃちゃん」の活躍の拠点は日本にあります。私たちはもちろんこれからも東北や日本各地でボランティアの方を募ってオペレーションセイフ•プログラムを開催して行きます。

そしてオペレーションセイフにつながるボランティアの方たちに、「心のケア」についての理解と知識を深める

セミナーを提供していきます。でも私たちは「ぴぃちゃん」を日本で独り占めにしてよいのでしょうか。子どもの心のケアに重荷を与えられた私たちは、一人でも多くの子どもたちの手助けをしたいと思います。そして私たちに「分かち合いなさい」と言われる主に従って「ぴぃちゃん」を独り占めすることはなく、主の導きに従い、アジアの人々の招きによって「オペレーションセイフ•プログラム」をアジア各地に紹介しています。

実は「オペレーションセイフ•プログラム」は、自然災害後だけでなく、アジア各地の紛争地、難民キャンプ、スラムなどのたくさんの子どもたちの心のケアに有効です。そして子どもたちの心のケアを行う有効なプログラムが今までなかったこともあり、今、「オペレーションセイフ•プログラム」はアジアで、多くの子供達に求められているのです。

飛べないペンギンの「ぴぃちゃん」は、日本とアジア諸国の招きの声に導かれ、主の力と共に、これからもたくさんの子どもに手を伸ばして主の愛を伝えていきます。共に手を携えて進んで行ってください。どうぞ、みなさまのお祈りでこの働きを支えて下さい。

オペレーションセイフ担当  ウィルソン 利恵

Typhoon Haiyan Child Trauma Response - Philippines

防災セミナー情報

防災ネットワークミィーティング
日時:2014年6月29日(日)教会防災Net NHK(新座、東久留米、清瀬) (清瀬福音自由教会)
日時:2014年6月24日(日)板橋防災Net 7 pm~(板橋合同教会)
日時:2014年4月27日(日)教会防災Net NHK(新座、東久留米、清瀬)
日時:2014年4月22日(火)板橋防災Net 7 pm~(SonRise cafe)
日時:2014年1月26日(日)教会防災Net NHK(新座、東久留米、清瀬)(日本基督教団 東久留米教会)
防災セミナー
日時:2014年 1月25日(土)午前10時よリー12時
会場:中央区晴海区民館2号室です。
主催:一般社団法人brave action
講師:栗原一芳(クラッシュ次期東京災害対策)

「傾聴ボランティア大募集」星野富弘詩画展 IN 南三陸町(終了しました)

星野富弘_ページ_12014年1月23日ー2月3日まで、南三陸町7箇所において星野富弘詩画展とコンサート&カフェのイベントが行われます。
クラッシュジャパンでは、和む場として用意されるカフェの中で、傾聴ボランティアとして関わらせて頂く事になりました。
是非ともこの機会に南三陸町に赴き、詩画展に来られた方のお話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?
震災から1000日過ぎた今こそ「忘れていない」「覚えていますよ」のメッセージを行動で示す時なのではないかと思います。

募集日時:1月29ー2月3日(水ー月)
(2月2日(日)は礼拝のためイベントはありません)
※部分参加でもOKです。1日のみでも参加できます。

募集人数:1人〜5人(男女問わず)

参加条件:クリスチャンの方。要ビジネスレベルの日本語。

宿泊場所:南三陸町のボランティアセンターなど(検討中)
※宿泊費の補助致します。

スケジュール
1月28日(火)仙台市内において傾聴トレーニング
1月29日(水)~2月1日(土)南三陸町にて傾聴ボランティア
2月2日(日)礼拝 ※イベントはありません。
2月3日(月)南三陸町にて傾聴ボランティア

※ボランティアに来られる方のために、震災以降ずっと被災された方に関わり続けているクラッシュジャパンのスタッフによる「傾聴ボランティアトレーニング」を行いますので、初めての方でも安心してご参加頂けます。傾聴トレーニング日時:1月28日(火)30日(木)午後
※参加される方のスケジュールに合わせてトレーニング日程を変更する事も可能ですので、上記日程が難しいという場合はご相談下さい。

学校の「愛の行動」フィリピンへ

多くの方々が、台風ハイヤンがフィリピンにもたらした惨状をあらわす写真等をみて、同じ反応をされたことだと存じます。私達が愛しているこの日本の多くの地域が被災した、あの2011年のことを彷佛させるような大きい被害をみて、心がとても痛みます。私は、今でさえ、個人的にニュース報道での画像や、レポートをきくことで、深く影響を受けてしまうので避けてしまいがちです。

しかしながら、日本の時と同じように世界各地でフィリピンの人たちを助ける為の援助がなされていることをみて、元気づけられています。大きく膨らんでいる支援ですが、ほとんどの援助要員達や、寄付金は、時間がたつにつれて減少して行きます。しかしながら、私達の経験からもわかるように、復興への課題は、長期にわたって続いて行くでしょう。
CAJでは、これから愛の行動(Love In Action Fund)基金に寄付していただいたものを、ハイヤンによる被災者への長期的な援助のために使うと指定されました。私と妻は、この12月のブログが掲載された日に、始めの寄付をしたいと思います。また、皆様のご厚意を歓迎致します。下記のサイトからも寄付をすることが可能です。http://www.caj.or.jp/donations/index.php. 本校の生徒達は『愛の行動—フィリピン』のために、これから数ヶ月にわたり、様々な活動をする予定ですので、詳細等は、各部の校長や、教師、また生徒達からお伝えいたします。お待ちください。この寄付金は、オペレーション•セーフ•キャンプの被災した子供達の為に用いられます。1人の児童を支援するのに3800円が必要ですが、もし、合計40万円を寄附することができれば、キャンプ全体の支援ができるので、それを目標にします。また、CRASH JAPANは、この働きをすすめているフィリピン•チルドレン•ミニストリーネットワークと共に働きます。このキャンプのことについて、さらに詳しく知りたい方は、ホームページ (上記英文参照) をご覧下さいhttp://crashjapan.com/?p=442.

主にあるしもべ

学校長 バンダーハック•ブライアン

<フェイスブックより…>

A CRASH initial volunteer team visited one of the severely affected areas (Tenno area) in Kure city, where landslides are continuing and there is still no running water in some areas. After the flood the survivors are also suffering from heat wave - today's temperature was over 35°C (95°F). The Kure Christian volunteer center will begin tomorrow to send volunteers to help the survivors. CRASH Japan is going to support them through volunteer coordination and emotional and spiritual care.

Please keep praying for CRASH and help us by your generous donations. crashjapan.com/en/donate/

クラッシュジャパンのスタッフは、呉市の天応地区を訪問しました。呉市でも大きな被害が出た地域です。まだ断水が続き、土砂が残っています。明日からキリスト教会・呉ボランティアセンターがこの地域にボランティアを送ります。

クラッシュジャパンはボランティアセンター立ち上げのために協力し、また少しでしたが物資も運びました。これからもボランティアを送ることや心のケアを通して被災地支援をお行なっていきます。お祈りと献金のご支援を宜しくお願い申し上げます。 crashjapan.com/ja/shien/
... See MoreSee Less

2 days ago  ·  

View on Facebook

The Iwagamis of CRASH Japan visited Kure Christian volunteer center which will be opened tomorrow. They brought food and water. Many staff already are preparing for opening and accepting volunteers.

クラッシュジャパンの岩上は現在、キリスト教会・呉ボランティアセンター(インマヌエル呉キリスト教会)を訪問しています。まずボランティアセンターに飲料と食物を運びました。明日からボランティアセンターがオープンします。これからボランティア受け入れが始まります。岩上2名も今、ボランティアセンターの開設準備の手伝いをしています。
... See MoreSee Less

3 days ago  ·  

View on Facebook

To give you an idea of how wide-spread this disaster is, here is animation of the amount of water in the soil over time in Western Japan. The saturation of the soil made the mountainous areas ripe for landslides.

NHK WORLD-JAPAN
These graphs and maps compiled by NHK World illustrate the intensity and scope of the worst torrential rains in Japan in 30 years. The amount of rain soaking the ground raised the risk of mudslides.

www3.nhk.or.jp/nhkworld/nhknewsline/backstories/graphicvisualization/
... See MoreSee Less

5 days ago  ·  

View on Facebook