ホーム

<最近の投稿>

チャプレンズカフェを開催しています

次回は2015年11月6日(金)15:30-17:30
御茶ノ水クリスチャンセンターにて開催されます。

 

第10回チャプレンズ・カフェのご案内 (終了しました)
ー災害対応チャプレン、心のケア・ワーカー、寄り添う支援者の居場所ー
日時:4月23日(木)15:30-17:30
会場:御茶ノ水クリスチャンセンター416会議室
ファシリテーター:吉川直美(聖契神学校教師)
テーマ:「回復を助ける泉(リソース)探し」

Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真

クラッシュジャパンからのお知らせ

2015年4月より新しい体制になり、新たな一歩を踏み出しましたことをご報告致します。

ジョナサン・ウィルソンは1月末に代表職から退き、2ヶ月間の移行期間の後、4月からこれまでリエゾン担当であった永井敏夫がチームリーダー(代表)に就任致しました。また今までクラッシュジャパンの下にありましたオペレーションセイフは独自の活動をスタートしています。今後ともオペレーションセイフとの協力関係を維持していく所存です。

2015年度のクラッシュジャパンは、1)チャプレンシープログラム関連、2)防災ネットワーク関連の働きを中心に活動を継続致します。これらの働きが日本の諸教会に広く紹介され、諸教会のつながりが更に生きた関係になっていくことを心から願っています。3)また東日本大震災で被災された方々に寄り添う活動をしている東北諸県の教会ネットワーク、及びそれらの協力のもとにある東日本宣教ネットワークが、首都圏の防災ネットワークと良いつながりがなされていくことを願っています。4)更に次期災害発生に備えるために、日本福音同盟(JEA)、日本福音宣教師団(JEMA)をはじめとする諸団体と協力しながら、特にボランティア派遣でスムーズな初期対応ができるように現在の諸データの管理とシステムを構築していきたいと願っております。

これらのことがなされていくために、ボランティアスタッフが一つのチームとなり、互いに協力しながら歩み始めております。神様の小さな公器として、これからも諸教会の皆様と共に、災害による苦難の中ある方々の助けとなり、寄り添うことができるようにと願っております。これからも私どもの働きを覚え、皆さまのお祈り、そしてご支援とご協力を心からお願い申し上げます。
一般社団法人 クラッシュジャパン
チームリーダー 永井敏夫
ボランティアスタッフチーム一同

『あの時は今:70年前そして4年前』

『あの時は今:70年前そして4年前』
1945年3月10日。東京大空襲で10万人の方々が亡くなり、数え切れないほどの方々が被害を受けました。あれから今年で70年が経ちます。今日都内で記念の集いがあります。2011年3月11日。東日本大震災が発生し、約2万人の方々が亡くなり、行方不明となりました。明日で4年目のあの日を迎えます。仮設住宅在住の方々を含め、約23万人の方々があの日にいた場所に戻ることが叶いません。
人間は、ある時は意識的に、ある時は無意識のうちに過去を過去形という入れ物に留めようとします。こうすることで今を生きることができるのも確かでしょう。この様にして、大空襲、大震災もやがて「風化」していくことは避けられません。しかし、今を生きる私たちに忘れてはならないことがあります。あの時を今という「現在進行形」で生きている方々がいることを。大震災の被災地各地で、日本でアジアで世界で、今日祈りの手があがっています。クラッシュジャパンでは、あの日を今日という進行形で生きている方々を心に覚え祈ります。リエゾン永井敏夫

Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真
Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真
Love On Japan | Crash Quake Reliefさんの写真

クリスマスの思いを東北へ

震災から3年と9ヶ月が過ぎました。クリスマスのこの時期に東北へ覚えて献げましょう。

被災地域では数々のプロジェクトがなされていますが、三県の主なネットワー

クの紹介します。現地での活動の様子や祈りの課題などを、諸団体がそれぞれの

ウェブサイトで紹介をしています。

・岩手県:いわて3.11 教会ネットワーク⇒ http://311.ichurch.jp

・宮城県:ホープみやぎ⇒ http://www.hopemiyagi.org

・福島県:福島県キリスト教連絡会(FCC)⇒http://fcc-j.org

スクリーンショット 2014-12-13 22.20.55また引き続きクラッシュジャパンの働きを覚えてくだされば感謝です⇨http://crashjapan.com/give/?lang=ja

<フェイスブックより…>

A CRASH initial volunteer team visited one of the severely affected areas (Tenno area) in Kure city, where landslides are continuing and there is still no running water in some areas. After the flood the survivors are also suffering from heat wave - today's temperature was over 35°C (95°F). The Kure Christian volunteer center will begin tomorrow to send volunteers to help the survivors. CRASH Japan is going to support them through volunteer coordination and emotional and spiritual care.

Please keep praying for CRASH and help us by your generous donations. crashjapan.com/en/donate/

クラッシュジャパンのスタッフは、呉市の天応地区を訪問しました。呉市でも大きな被害が出た地域です。まだ断水が続き、土砂が残っています。明日からキリスト教会・呉ボランティアセンターがこの地域にボランティアを送ります。

クラッシュジャパンはボランティアセンター立ち上げのために協力し、また少しでしたが物資も運びました。これからもボランティアを送ることや心のケアを通して被災地支援をお行なっていきます。お祈りと献金のご支援を宜しくお願い申し上げます。 crashjapan.com/ja/shien/
... See MoreSee Less

2 days ago  ·  

View on Facebook

The Iwagamis of CRASH Japan visited Kure Christian volunteer center which will be opened tomorrow. They brought food and water. Many staff already are preparing for opening and accepting volunteers.

クラッシュジャパンの岩上は現在、キリスト教会・呉ボランティアセンター(インマヌエル呉キリスト教会)を訪問しています。まずボランティアセンターに飲料と食物を運びました。明日からボランティアセンターがオープンします。これからボランティア受け入れが始まります。岩上2名も今、ボランティアセンターの開設準備の手伝いをしています。
... See MoreSee Less

2 days ago  ·  

View on Facebook

To give you an idea of how wide-spread this disaster is, here is animation of the amount of water in the soil over time in Western Japan. The saturation of the soil made the mountainous areas ripe for landslides.

NHK WORLD-JAPAN
These graphs and maps compiled by NHK World illustrate the intensity and scope of the worst torrential rains in Japan in 30 years. The amount of rain soaking the ground raised the risk of mudslides.

www3.nhk.or.jp/nhkworld/nhknewsline/backstories/graphicvisualization/
... See MoreSee Less

4 days ago  ·  

View on Facebook