ホーム

<最近の投稿>

9月29日(火)第6回東日本宣教ネットワーク

9月29日(火)第6回東日本宣教ネットワーク全体会議
テーマ:長期的支援を持続し、被災者と共に歩き続けるために」
場所:仙台バプテスト神学校
クラッシュ・ジャパンから郭ヘレン(ケア・コーディネーター)と岩上敬人(チャプレン担当)が参加し、講演とワークショップを行います。
クラッシュ・ジャパンでは心のケア・スピリチュアルケアを中心とした、「支援者」のための支援活動を継続しています。
この働きは、DRCネットの災害対応チャプレン養成プログラムとも連動しています。
クラッシュ・ジャパンの働きを覚えてお祈りをお願いします。またこのような働きは、皆さまからの尊い献金によって成り立っています。どうぞ経済的な支援も宜しくお願い申し上げます。
東日本宣教ネットワーク2015.9.29東日本宣教ネットワーク2015.9.29-2

モバイルカフェで心のケア支援

モバイルカフェ今週の金曜日、クラッシュ・ジャパンでは茨城県常総市にある台風18号の避難所でモバイルカフェを開きます。

私たちは現地でドーナツやパンケーキなどを作ってお出ししたいと考えていますが、そのプロジェクトに皆さんも手作りの焼き菓子で参加しませんか?

木曜日の午後に東久留米にあるクラッシュ・ジャパンのオフィスに焼き菓子を提供してくださる方を募集しています。(クッキー、スコーン、カップケーキ、ブラウニーなど、崩れにくく常温で日持ちのするものをお願いします)
ご協力くださる方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

また、このプロジェクトを献金で支えてくださる方は、郵便振替にて通信欄に「台風18号支援」とご記入の上、下記の口座にお送り下さい。

  • 郵便振替口座: 00110-3-290907
  • 名義: 一般社団法人 クラッシュジャパン

私たちがたくさんの愛を届けることが出来るよう、お祈りください。

 

10/1 追伸
皆様の愛が込められたたくさんの焼き菓子をご提供いただきました!
心より感謝申し上げます。

Joso mobile cafe12 Joso mobile cafe13

関西宣教フォーラム

関西宣教フォーラム分科会

「ふたつのこと」

関西宣教フォーラムin 大阪に出席して。

9月28日、29日の両日、関西宣教フォーラムイン大阪が開催された。初日の分科会のひとつ「21世紀の宣教」に出席した。ディアスポラ宣教、ビジネス宣教の発題に続き、「痛みを担い合う教会」というテーマで、阿部信夫師、若井和生師が語ってくださった。

・震災後に被災地域の人々に向き合ってきた。できたことはただ聞くことだけであり、被災者方の気持ちが少しでも軽くなるのではないかという思いで続けてきた。四年が経過しても何も進んでいない、何も変わっていないと感じる人々は少なくない。今もいろいろな問題が起き、人々はその渦中にいる。

・被災地の方々と関わる中で、今後の日本の姿をそこに見ているように感じている。(高齢化、過疎化、産業の衰退など。)被災された方々に向けてきた日本の諸教会の愛を、今後それぞれの教会が置かれている地域の方々に同じように向けていくことへのチャレンジがある。ひとつひとつの教会が、それぞれの地域の方々の痛みを共に負い、地域の人々に思いを寄せることが大切である。

クラッシュジャパンは、今心のケアと防災ネットワークのふたつをコアにしている。人々の心の思いに主の心で寄り添っていけますように、人々が神を見つめて歩める一歩を一緒に歩み出せますように。諸教会が繋がる防災ネットワークがやがて地域の方々のセイフティーネットとなりますように。このように祈りながら、私たちの歩みはこれからも続いていく。

クラッシュジャパン チームリーダー
永井敏夫

ミャンマーの洪水災害への支援

八月にミャンマーで発生した大きな洪水被害。九月に入り、次のような報告を頂きました。

「道がつながり、物資が届けやすくなりました。現場の様子がわかればわかるほど、人々の失望感が伝わってきます。復興の道のりの険しさ、長さを感じます。10月初旬にその村の出身者が現地を視察する計画です。そこで実際に人々と会い、心の様子を探ります。そして心のケアをどう進めていくのかを考えていきます。」

続けてお祈りいただければ幸いです。

FB_IMG_1438847430880FB_IMG_1438957732789
FB_IMG_1439045897656FB_IMG_1439131117597
FB_IMG_1439131122267FB_IMG_1439146718143
FB_IMG_1439192619851FB_IMG_1439379811151
FB_IMG_1439549256470FB_IMG_1439549281970
FB_IMG_1439611172417FB_IMG_1439611246066
IMG_11106758420817IMG_12317756412401
IMG_12485969789316IMG_22287467893376
IMG_25689956348336IMG_25768651957836
IMG_38431003598105IMG_38623536663292
IMG_42247081611123IMG_42286174085949
IMG_74922223721412

<フェイスブックより…>

(English below)
今日は館山ベースにて、地元の団体の皆さんと共に、今後の活動計画について重要で、有意義な意見交換と話し合いが出来ました。広島からは、キリスト教会広島災害対策室からメンバーの方々が、夜通し運転して朝9時の会合に出席され、その日の15時に広島に向けて帰られるまで、あらゆるサポートをして下さいました。被災地では、家屋内のカビ問題が大変深刻で、消毒処置をする為には、乾燥が大前提です。その為には、屋根の雨漏りを止め、応急処置のブルーシートから、もっとしっかりとした作業が必要です。被災者の方々が安心して暮らせるようになる為の、屋根修復プロジェクトが動こうとしています。
Today at the Tateyama Base (where relief work after the previous typhoon had already been going on for a month), CRASH and many other Christian groups gathered to plan relief efforts going forward. We were able to have a productive exchange of opinions. Members of the Hiroshima Church Disaster Response network even drove all night the previous night to attend the meeting as well as bring a vanload of supplies. A big problem is mold inside houses, but before disinfectant can be applied, the buildings need to dry out, so we decided to focus on roof repair (not just tarps, although of course those are needed).
... See MoreSee Less

2 days ago  ·  

View on Facebook

【川越キングス・ガーデン復旧ボラセン(仮)ー開設】
本日、片岡正雄理事長を責任者として
(仮称)川越キングス・ガーデン復旧ボランティアセンターを開設しました。
現在、電話回線が不通のためボランティアご希望の方は下記の電話番号にお願いいたします。
090ー2909ー1201
担当 河 成海(ハ ソンヘ)今回の水害に際しまして、皆様の心暖まるお祈りとご支援に心より感謝申し上げます。
本日、片岡正雄理事長を責任者として
(仮称)川越キングス・ガーデン復旧ボランティアセンターを開設しました。
(10月17日13時現在、川越KGにて直接のボランティア募集は停止ししております。またFB、メッセンジャー等での受け付けはおこなっておりませんのでご了承ください。)
今後のボランティア情報については、決まり次第、アップいたします。

なお、ボランティアご希望の方は地元の社会福祉協議会にてボランティア保険にご加入の上ご参加ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。
... See MoreSee Less

3 days ago  ·  

View on Facebook