日田ベースへの派遣

クラッシュジャパンでは2名のボランティアを九州キリスト災害支援センター・日田ベースに派遣しました。一人は九キ災のボランティアチームと一緒に朝倉市杷木町で泥だしや瓦礫の片づけ作業を行いました。

本日も34度の猛暑日で、ボランティアの方々は熱中症にならないよう気をつけながら被災者の方々と一緒に片づけを行ないました。

もう一名は災害対応チャプレンとして奉仕をし、避難所となっている杷木中学校に行って、被災者の方々への傾聴を行ないました。一人の女性の方から、濁流が自宅に押し寄せて、流れ込んできた時の恐怖を話してくださいました。このような心のケア、傾聴の必要も現地では多くあります。

クラッシュジャパンでは、今後もチャプレンや訓練を受けたボランティアを日田ベース派遣していきます。皆さまのお祈りと献金によるご協力をお願い申し上げます。

熊本地震から一年

熊本地震から一年が過ぎた今日、クラッシュジャパンでは被災地のための祈りの時を持ち、今後の活動計画のためのスタッフミーティングを行いました。
クラッシュジャパンではこれからもボランティア・チャプレンの派遣、そして被災された方々のみならず、現地での支援に従事される方々の心のケアの活動など、さまざまな支援活動を続けてまいります。どうぞお祈り、ご支援ください。

3.11

「Hope」
3.11 私たちは忘れません。
CRASH Japan