ホーム

<最近の投稿>

台風19号の対応

クラッシュジャパンは、9月9日の台風15号の後、すぐに千葉南房総半島にスタッフを派遣し、キリスト教系のNPOオペレーションブレッシングジャパンと共同で、視察を実施しました。現地では、館山市内の旅館にベースを構え、9月25日からボランティアの募集をFBで開始し、現地NPO法人安房文化遺産フォーラムとの出会いと協力関係の中で、今も支援活動を続けています。

10月16日に、屋根の損傷による雨漏り等から発生したカビに対処する為に、家屋の消毒について話し合いが持たれました。会議には、2018年の西日本豪雨では災害ボランティアセンターを運営し、被災地支援の経験豊富な広島のメンバーらが参加して下さり、今後の対応を協議しました。結論として、家屋の消毒をする為には、まず室内が乾燥している必要があり、屋根が雨漏りしない状態にすることが先決である事からこの度「館山屋根修復プロジェクト」に導かれました。

詳細は、追ってお知らせいたしますが、キリスト教の諸団体が協力して、キリストの愛の実践として、無償で屋根の修復工事を、プロの大工さんの手によって行わせていただきます。

同時に、ボランティアの募集と献金のお願いも行わせていただきます。被災地の人々に、必要な助けと神の愛をお届けすることができますように、お祈りとご支援をお願いいたします。

最新の情報はフェースブックのページをもご覧ください。

広島からの物資を降ろす

10月16日の会議

 

特別養護老人ホームの支援活動

7月26日は、岡山県内の山奥にある特別養護老人ホームでボランティア活動。現場は、川が氾濫し1階が水没。利用者の98%が要介護2以上という状況で、その場にいたスタッフが必死で2階へ運び上げ、全員無事救助されたという「キセキのホーム」。30名以上のボランティアが浸水で汚れた家財や道具を、炎天下の中で清掃しました。クラッシュのスタッフが現場のリーダーを務めました。韓国オンヌリ教会&日本人混成チームは岡山真備町での作業でした。

(もっとたくさんの写真と活動のレポートはフェースブックに載せています。)

呉の音戸地区の土砂災害

呉ボランティアセンターが呉/音戸地区の視察に行ってきました。今回の土砂災害の凄まじさが伝わる場所です。ここはボランティアの力だけではどうすることもできない地域の一つですね。

主の助けが注がれますようお祈りください。

<フェイスブックより…>

千葉県館山市で11月から実施している「屋根修理プロジェクト」の支援活動の様子を、地元の房日新聞が紹介して下さいました。プロジェクトは21日で終了予定ですが、献金は受付けています。お祈りと経済的支援をありがとうございます。 ... See MoreSee Less

3 days ago  ·  

View on Facebook

田園都市教会防災ネットワーク集会に、クラッシュのスタッフ2名が登壇し、後半は、グループに分かれてのディスカッションに参加させていただきました。日頃から、顔の見える関係を築き、いざという時には、地域の教会で助け合う。全国にこのようなネットワークが出来ると、素晴らしいと思いました。 ... See MoreSee Less

2 weeks ago  ·  

View on Facebook