Home

Latest Posts

OPERATIONSAFE PHILIPPINES HAIYAN REPORT

During the months of April and May 2014, nine OperationSAFE camps were held in Eastern Samar, Philippines providing psychosocial support for 895 children.  Together with the first camp held earlier in Quinapondan the total number of children attending has been 1,077.

10155614_646858105368738_1171653415145555940_n

Five camps were held in April and another four camps were conducted in May in six municipalities; Balangkayan, Quinapondan, Hernani, Giporlos, Balangiga and Lawaan.

CRASH Japan provided curriculum and on the field training and funding for the Philippine Children’s Ministry Network who worked together with municipal governments, NGO’s and a core team of 14 volunteers from local churches.

Major funding for OperationSAFE came from humedica e.V., the Billy Graham Evangelistic Association and support raised by school children in Japan and the U.S.

 

 

From Facebook…

2019年9月17日 火曜日
今日もクラッシュジャパンの山尾師は オペレーション・ブレッシング・ジャパンのスタッフの方々と協働で支援です。お祈りを感謝します。今日で2日目です。続いてお祈りをお願いします。
... See MoreSee Less

21 hours ago  ·  

View on Facebook

9月17日被害状況の視察報告、写真は館山市南部にある布良集落。
50%から60%の屋根が台風被害を受け、ブルーシートなどでの応急処置が施されていましたが、まだ手付かずの家も散見し、高齢者の方々は、後片付けに助け手が必要な状況でした。
... See MoreSee Less

22 hours ago  ·  

View on Facebook

2019年9月17日 火曜日
昨日 支援に伺った上総湊の報告
 
 上総湊はほぼ水は復旧しましたが、電気は20日以降みたいです。アン宣教師と教会のある地域は自治会の発電機を使い、充電器ステーションを作っています。

 ここ富津市は、今日から社協でボランティア受け入れを始めましたが、その前から雨に備えて地元のボランティアでブルーシート張りが進めたみたいです。

 現在の地元の動きは、店が開いていないので、炊き出しや物資を高齢者に運ぶボランティアが中心みたいです。
... See MoreSee Less

22 hours ago  ·  

View on Facebook