Home

Latest Posts

Two Disasters in 48 Hours

While relief efforts continue in Okayama and other places after the floods in July, this week in early September two other areas of Japan felt the pain.

Within 48 hours of each other, the strongest typhoon in 25 years ripped through the second-largest metropolitan area of Japan, and an earthquake in Japan’s northern-most region triggered landslides and left millions without power…
Continue reading

Helping a nursing home

CRASH volunteer staff pastors have been working in both Hiroshima and Okayama Prefectures providing leadership and administration. Here is one example. On July 26th, a team of over 30 Japanese and Korean volunteers, led by a CRASH pastor, went into the heart of the mountains in Okayama Prefecture to help a special care nursing home. 98% of the residents need at least Level 2 nursing care, so it was a miracle that the staff on duty were able to quickly carry everyone to the second floor before the first floor was submerged. The volunteer team worked in the blazing sun to clean mud from the furniture and equipment. (Click on any photo to view it full size.)

More photos of this and many other activities can be found on CRASH’s Facebook page.

From Facebook…

先週15日(土)に九州キリスト災害支援センター主催の『聴くっ茶』にクラッシュジャパンの岩上が参加してきました。

震災から2年が経過しましたが、仮設住宅での支援活動が続いています。心のケアの働きは、緊急支援と変わらず大切なものです。

引き続き熊本もお祈りに覚えてください。
... See MoreSee Less

8 hours ago  ·  

View on Facebook

今日(21日)も秋空の下、三ヶ国からの奉仕者たちと共に瓦礫の片付けと運搬をしました。
Worked with 8 volunteers from Sapporo, Korea and Oregon. Volunteers are wanted.

今日、神さまが送ってくださったのは8人。ボランティアは、札幌福音自由教会の鍛冶先生ご夫妻、韓国CCCの3人の大学生、アメリカのオレゴン州からの横井先生チーム3人。
リーダーの弓削さん(OBJ)と私を合わせて10人で、瓦礫をトラックに積み込み、集積場まで運びました。ボランティアが与えられ、助けを待っている方々に届いていけるように続けてお祈りしていきましょう。
... See MoreSee Less

1 day ago  ·  

View on Facebook

 岡山キリスト災害支援室での災害ボランティア支援活動2日目。この日は、3チームでそれぞれの個人宅に派遣され、室内の清掃活動などに従事しました。クラッシュ・チームはオペレーションブレッシングの伊東リーダーの指示の元、ある大きなお宅の最終仕上げの清掃作業を担当させていただきました。真備の街中をみても、プロの大工やリフォーム業者の姿はあっても、平日のボランティアの姿はほとんど見かけませんでした。被災した自宅をリフォームするにしても、公費解体を待っている方々にとっても、家の中の家財などは自分達で撤去しなければならず、現地の人々の要望に十分応えるにはまだボランティアの力が必要です。
 岡キ災の働きも広江ベースは9月末で縮小し、真備町に新しい拠点となるベースを開設する予定です。今後の動向は、岡キ災のFBをご覧下さい。
 さまざまな働きの移行期間にある現地ベースを覚えて、引き続き祈りたいと思います。
... See MoreSee Less

3 days ago  ·  

View on Facebook